小学生が殴られてけが、男子高校生を逮捕/香川

高松市で5月、小学生の女の子が自転車で追突されたあと、顔を殴られけがをした事件で警察は12日、高校生の男を逮捕しました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、香川県内の高校に通う高松市の男子高校生(16)です。
男子高校生は5月22日午後4時半ごろ、高松市春日町の路上で1人で歩いていた小学6年生の女の子に後ろから自転車でぶつかり、転倒させ、さらに顔を殴って膝や顔に全治11日間のけがをさせた疑いが持たれています。

男子高校生は現場から逃走してましたが、現場付近の防犯カメラの映像などから容疑者を割り出し、逮捕に至りました。

警察の調べに対して男子高校生は「顔は殴った」と容疑を認めていますが、「自転車で衝突したのは事故の可能性もある」と話し、容疑を一部否認しています。
警察では事件の詳しい経緯や動機について調べています。

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。
Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments