test

「四国八十八景」第1弾 瀬戸大橋や大歩危峡など選定/四国

四国の風景や町並みをPRすることで観光客の誘客につなげようと企画され、四国内のすばらしい景観を認定する「四国八十八景」の第1弾として22カ所の四国の景色が選ばれました。


香川県からは瀬戸大橋と瀬戸内海や栗林公園などの8カ所が選ばれ、徳島県は大歩危峡の渓谷美など5カ所が選ばれました。
今後は全景観を紹介するパンフレットなども作成し四国の魅力を国内外に発信していきます。

第1弾で選考に漏れた景観に4月から行う追加募集分を加えて、残る66カ所を平成29年度中に決める予定となっています。

(画像は四国八十八景プロジェクトより)

ニュースの動画

外部リンク

四国八十八景プロジェクト -オリンピック・パラリンピックに向けて-
http://www.skr.mlit.go.jp/kikaku/88-kei/index.html

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です