test

徳島阿波おどり空港開港50周年/徳島

徳島阿波おどり空港が2月15日に開港50年を迎えました。
空港では記念イベントが開かれ、徳島空港利用促進協議会の会員が県のマスコットキャラクター・すだちくんと共に搭乗橋で出迎えました。
全日空便の羽田空港発の乗客131人が空港に降り立つと、50年の記念品である藍染のハンカチを乗客に声を掛けながら手渡しました。

徳島空港は1967年2月15日に1500メートルの滑走路で開港。その後乗降客数の増加に対応するための機材の大型化に伴い、1987年に2000メートルへと延長され、さらに2010年に2500メートルになっています。

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です