test

地産地食軸に徳島県神山町食堂「かま屋」オープン/徳島

Food Hub Project 神山 サイトより

「地産地食」を軸に徳島県神山町の農業と食文化を守り、次の世代につないで行くことを目的とした官民による「フードハブ・プロジェクト」で、拠点となる食堂「かま屋」が完成し3月3日から同町神領でオープンします。

かま屋は空き店舗を改装し、東京で料理の腕を磨いたIターン者が地元の食材を提供する食堂で、町の農業を応援する地産地消の循環づくりを目指します。

毎日食パンやあんパンなど、野菜などの食材、調味料を50種類以上そろえる。「かまパン&ストア」も併設されます。

「フードハブ・プロジェクト」は町にサテライトオフィスを置くウェブ関連事業のモノサスと神山町、地方創生戦略を進める「神山つなぐ公社」が推進しており、拠点整備費は財源は全額町費によるもので総額1億255万円となっています。

外部リンク

Food Hub Project 神山
http://foodhub.co.jp/

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です