test

米軍航空機が高知上空で訓練再開?騒音が確認される/高知

高知県の嶺北地域などの上空を通るアメリカ軍の低空飛行訓練ルートの「オレンジルート」を2月11日にアメリカ軍とおもわれる航空機が飛行していた事が、県が香美市物部町に設置している測定装置で記録されました。

また複数の住民も騒音を確認しており、機体の姿は確認出来ていないものの西方向に航空機が飛行する音が聞こえたという事です。

2016年12月米軍機の墜落事故が高知県沖で発生して以来騒音を記録したのは今回が初めてとなります。防衛省に尾崎知事が事故の原因究明や再発の防止策が講じられるまで、アメリカ軍側にオレンジルート上の低空飛行訓練の中止を申し入れるように要請しており約2カ月間は訓練は行われていませんでした。

高知県長岡郡本山町役場に設置した高知県の測定装置では騒音は記録されておらず、通常の「オレンジルート」からは若干外れて飛行されていた可能性もあります。

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です