test

松山市味生地区で防災訓練/愛媛

2月26日、松山市立味生小学校にて地域住民たちの自主防災訓練が開催されました。訓練は、南海トラフ大地震が起きた際、地域の連携を図ってより迅速でスムーズな避難、救助する事を目的としています。

朝7時、震度6弱の地震が起こったと想定して地震発生の放送から防災訓練訓練が開始されました。
今回の訓練には地域の住民ら約270名が参加。訓練の中で応急手当てや段ボール製ベッドの組み立て方などを学びました。

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です