test

豊島産廃スラグの埋め立て回避/香川

香川県豊島の不法投棄産業廃棄物問題に絡み、香川県は24日、溶融処理で生じる燃えカスの粗大スラグ2180トンについて、当初検討していた埋め立て処分は実施せず、処理施設がある直島で一時保管する計画を明らかにしました。

セメント原料として三菱マテリアル九州工場(福岡県苅田町)に送る方針は従来通りとしています。

豊島で開いた住民側との協議で説明したもので、住民側は1月末に浮上した県の埋め立て処分案について、「再生利用を図る」とした県との公害調停に反する行為として反発していましたが、今回の計画は了承しました。
粗大スラグを一時保管するのは、三菱マテリアル直島製錬所敷地内で県は1千トン分は既に確保しており、3月1日から残りの保管場所は借り受けるという事です。
県が粗大スラグの埋め立てを検討したのは、調停による産廃の島外搬出期限が3月一杯に迫っていて搬出を急いだため処理施設に処理前の産廃がたまり続けていました。
廃棄物対策豊島住民会議の安岐正三事務局長は「埋め立てを行わないとの結論に安心するとともに県の努力を認める」と県の方針を評価しました。

ニュースの動画

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です