南海トラフ地震を想定した海上訓練を実施/徳島

徳島県沖の海上で南海トラフ地震を想定した海上訓練が行われました。

国土交通省が行った今回の訓練は、地震により大量のがれきが海に流出し紀伊水道の航路の入り口がふさがれたとの想定で行われ、和歌山県と徳島県から2隻の船が出動しました。

津波で大量にがれきが流出して船の航行が困難になった東日本大震災の教訓を踏まえ、本番さながらに瓦礫に見立てた丸太を回収する訓練や、放水銃で油を拡散する訓練などが行われました。
南海トラフ地震に備え、国土交通省は今後も訓練を実施していきたいとしています。

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です