龍馬記念館「海の見える・ぎゃらりい」で『11年間の軌跡展』開催/高知


(高知県立坂本龍馬記念館公式サイトより)

高知県立坂本龍馬記念館内の展示室「海の見える・ぎゃらりい」で、ほぼ毎月展示替えを行い今回で115回目を迎えるギャラリー展が、過去の展示を振り返る「11年間の軌跡」を3月31日まで開きます。

2005年に前館長・故森健志郎氏の発案で高知県内から来場者を呼び込もうと、龍馬に関連する絵画や写真など高知県内作家の作品を紹介し、関連企画として劇や音楽会などのイベントも開催してきました。

11年間の過去の展示ポスターや展示に関わった21人の作家の作品を紹介し龍馬の思想に着想を受けた版画など約40点が展示されています。

外部リンク

県立坂本龍馬記念館公式サイト
http://www.ryoma-kinenkan.jp/

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です