マイナンバーカードの交付率が5.4%で全国最低/高知

総務省のまとめで高知県のマイナンバーカードの交付率が5.4パーセントと全国で最も低くなっていることがわかりました。
今月8日現在でとりまとめた全国のマイナンバーカードの交付状況は1071万7919枚となっており、人口に対する交付率は8.4%でした。

都道府県別で交付率が最も高かったのは、神奈川県の10.4%、次いで、宮崎県が10.3%、東京都が10.0%などとなっています。


交付率が最も低かったのは、高知県で5.4%、次いで、福井県が5.6%、沖縄県が5.8%などとなっています。
高知県市町村振興課は全国最下位という事実をしっかりと受け止め今後は交付が多い自治体の事例を参考にし交付率を上げていきたいとしています。


関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です