幡多地域の小中学生を高知ファイティングドッグスの選手が野球指導/高知

2月11日に高知県幡多郡黒潮町の呼びかけで、幡多地域の野球部や地域のチームに所属する小中学生約50人が、春季練習中の高知ファイティングドッグスの選手からバッティングや守備のレッスンを受けました。

球児達は捕球後に素早く送球する方法や、軸足の使い方やカーブを投げるときのリリースなど、実践的な指導内容を吸収しました。
「初めてのことを言われると、できない。でも『ちょっと難しいけどやってみよう』という気持ちが大事」と練習後に高知ファイティングドッグスの駒田徳広監督は球児達に呼びかけました。

関連記事

四国のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews Shikokuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です